増強剤と媒染剤との違いとは?

増強剤とは、染色液に加える薬剤のことで、色素の染色性を増すため、あるいは、染まりにくいものを染めやすくするために用いられます。

たとえば、水酸化カリウム、アニリン、酢酸、シュウ酸、石炭酸、ホルムアルデヒドなどがあります。

一方、媒染剤とは、色素と基質に親和性をもつ物質のことで、色素に染色能力を付与する等の目的で用いられます。

媒染剤には、色素酸と反応する塩基性媒染剤(ミョウバン、硫酸第一鉄、酒石酸カリウムなど)と、色素塩基と反応する酸性媒染剤(ピクリン酸、タンニン酸など)とがあります。