宮園かをりの死因となった病気は何か?

四月は君の嘘のヒロイン、宮園かをりの死因は何だったのでしょうか。

作中のヒント

貧血

作中の入院のきっかけとなった出来事に、「家を出るときに倒れた」というものがあります。

宮園かをり本人は、病室で、公生たちに対して、貧血と説明していました。

これが本当のことを説明しているとして、病気に関係あると仮定すると、血液に異常がある状態だったということになります。

フィクションなので、詮索しても意味はありませんが、考えられる原因は、再生不良性貧血あるいは脾機能亢進症です。

止血機能

ガラコン当日、壁に頭をぶつけて、頭からの出血が、なかなか止まらいシーンがありました。

止血機能の低下があったと考えられます。

これは、再生不良性貧血により「血小板の産生の低下がある」あるいは脾機能亢進症により「血小板の生産に問題はないが破壊が亢進している」と推測できます。

手術

宮園かをりは、物語の最後に手術をしています。

再生不良性貧血は、手術する可能性があります。それは、骨髄移植です

また、脾機能亢進症も、脾臓摘出の手術をする可能性があります。

死亡

死亡率は低いものの、再生不良性貧血で亡くなることはあります。

また、脾機能亢進症では、脾臓を摘出することで、感染への抵抗力が落ちることから、その後に感染症で亡くなる可能性があります。