デジタル化とは?

「デジタル化」という言葉は,けっこう身の回りに溢れています.

デジタル化によってコンピュータは数値以外のデータを処理できるようになっている,と言われているわけですが…

ふと,『そのデジタル化って,いったい何をしているの?』と疑問に思ったので,

調べてかんたんに備忘録として書いてみます.

デジタル化について簡単なまとめです。

参考にどうぞ。

デジタル化とは

デジタル化によって、コンピュータは数値以外のものを処理することができます。

文字のデジタル化

一つの文字に、ひとつの数値を対応させれば、コンピュータ間で、文字のやりとりができます。

ただし、対応の仕方を共通にしないと、意図した文字が伝えられません。

そこで、共通の、文字と数字との対応表を決めます。

これが、文字コードといわれるものです。

たとえば、JIS、Shift-JIS、EUCなどの文字コードがあります。

画像のデジタル化

画像を、細かく区切り、一つのマス目の色を、数値で表現します。

どの程度まで細かく区切るのかを「解像度」といいます。

解像度が大きいほど、画像は美しくなりますが、データ量が増加します。

どのような法則で画像を保存しておくかを決めたものは、画像フォーマットと言われ,JPEG,GIF,PNGなど、様々な形式があります。

音のデジタル化

音の波形は、一定の幅で区切ることができます(これを標本化といいます)。

そして、区切った部分ごとに、波の大きさを整数で数値化します(これを量子化といいます)。

標本化と量子化を細かくするほど、音質は向上しますが、データ量が増加します。

そして,量子化した数値は,2進法に変換されます(これを符号化といいます).

音声ファイルのフォーマットも,WAV,MP3,WMAなど,多種多様ですね.

以上,かんたんなまとめでした.