ビットコインはショートが増えた後で価格が上がる?

ショートは、いわゆる空売り(からうり)です。

したがって、「売り」のポジションが増えれば今後の価格は下がる、というイメージになりがちです。

※空売り:一定の証拠金を預託して、取引所からビットコインの現物を借り、それを売ること

しかし、実際は違っていて、

空売りのポジション量は、潜在的な「買い」の多さを表しています。

なぜなら、空売りされているビットコインは、空売りされたままではいられないからです。

ビットコインを空売りしたら、必ず、買い戻して返却しなければいけません。

また、空売りの投資家は、ビットコイン価格が上がったときに、ロスカットされる場合があり、それは、ビットコイン価格を押し上げる要因になります。

このようにして、空売りは価格の上昇につながっていきます。

なので、ショートのポジション量が急増した時は、ビットコイン価格が反発して上昇につながる傾向があります。