「戻り売り」とは

下げ相場のときのトレード方法として、ショート(売り)があります。

ここで、比較的、高い確率で、下げ相場のときに、ショートで利益を得る方法として、「戻り売り」があります。

戻り売りとは

戻り売りとは、下げ相場の中で、一時的な上昇があったときに、売りポジションをとることです。

過去のビットコイン相場に当てはめると…

黄色で丸を売ったところが、戻り売りのチャンスポイントになる場所です。

これらのポイントで、ショートをすれば、利益を得られやすいです。

ちなみに、下げ相場の中で、一時的な上昇があったあと、さらに下げる仕組みとして、つぎのような説明がなされています。

売りポジションが買い戻される(利益確定)

→その買い戻し注文による上昇をみて、新規の買い注文が入る

→しかし、さらに下げると判断した人が、さらなる売り注文を出す

→やがて、買い注文が途絶える

→さらなる下落へと向かう

以上、「戻り売り」の説明でした。