体表部位感染症について

1.感染の種類

ウイルス感染、細菌感染、真菌感染、結核菌感染に分類されます。

・ウイルス感染

原因ウイルスとしては、風疹ウイルス、ヘルペスウイルス、麻疹ウイルス、コクサッキーウイルス、パピローマウイルス、サイトメガロウイルスなど、多種多様です。

・細菌感染

原因菌としては、黄色ブドウ球菌、化膿レンサ球菌、緑膿菌、好酸菌(結核菌など)、梅毒などです。

・真菌感染

原因菌としては、白癬菌、カンジダ菌などが検出されます。

2.手術部位感染

もっとも高頻度に検出されるのは、黄色ブドウ球菌、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、腸球菌、大腸菌です。

3.褥瘡感染

大腸菌、緑膿菌、腸球菌、黄色ブドウ球菌などが検出されます。