A型肝炎の感染経路、症状、治療、予後

定義

A型肝炎は、A型肝炎ウイルス(HAV)による急性ウイルス肝炎です。

解説

ウイルス

A型肝炎ウイルス(HAV)は、ピコルナウイルス科のヘバトウイルス属に分類される全長7500塩基の一本鎖のプラス鎖RNAウイルスです。

HAV遺伝子型は1 ~ 7型までの7種類に分類されています。

感染ルート

主な感染媒体は汚染された水および食べ物であり、経口感染で拡がります。

肝臓で増殖したウイルスが胆汁から腸管、そして便中に排出され、排泄物がなんらかの経路で口より侵人し感染が成立します。

最近では、HAVに汚染された輸入食品による感染例が散見されます。

また、ドラック使用者間の感染や、同性愛者間での流行なども見られます。

なお、日本では公衆衛生環境の発達や上下水道の整備に伴い、A型肝炎の発生数は減少しています。

しかし、世界的には、A型肝炎流行国は多く、そのような地域への渡航がリスクファクターとなっています。

症状

感染から約1ヶ月の潜伏期間を経て発症します。

前駆症状として突然の高熱 (38℃以上)と、全身の著しい倦怠感が特徴的です。

他の症状として、頭痛、関節痛、筋肉痛、咽頭痛等の前駆症状がみられることもあります。

その後、典型的には、黄疸、肝腫脹、黒色尿、白色便などがみられます。

成人は40~70 %が黄疸になると言われます。

小児では不顕性感染や軽症ですむことが多く、6歳以下の黄疸出現率は10%以下と言われます。

なお、罹患年令が高いほど、重症例・死亡例が増加する傾向があります。

治療

HAVに感染し発症すると、一ヶ月程度の入院加療を必要とします。

基本的には安静で、他の急性肝炎と同様、対症療法が中心となります。

検査

HAVの急性感染の診断は、IgM-HA抗体を検査します。

症状が出現してAST/ALTが上昇しているときには、通常はlgM-HA抗体が上昇しています。

したがって、この検査が陽性であれば、A型急性肝炎として診断可能できます。

陽性は感染後3~6ヵ月間持続すると言われています。

なお、重症A型急性肝炎の急性期には、AST/ALTが上昇しているにもかかわらず、lgM-HA抗体が上昇していない症例も報告されているため、注意が必要です。

予後

一般に、致死率が低く慢性化もしません。

予後良好な疾病です。

法律

感染症予防法では4類感染症に分類されており、ただちに届け出る必要があります。