食べ物が落ちても3秒以内に食べれば大丈夫という噂の真相!

床に落とした食べ物と3秒ルール
床に落とした食べ物と3秒ルール

ノーベル賞とイグノーベル賞

昨年のノーベル賞は,日本人が受賞しましたね.

喜ばしいことです!

さて,ノーベル賞は誰もが知っていると思いますが,イグノーベル賞というものがあるのもご存知でしょうか?

ノーベル賞のパロディーで,「人々を笑わせ,そして考えさせられる研究」に対して賞を贈ります.

今年は「ピザでがん予防」などが受賞したそうです.

こんなふうに, 世の中には面白い研究がたくさんあるんですね!

というわけで…

今回は,少し驚きのある,おもしろい研究結果をお届けします.

3秒(5秒)ルールの真偽

みなさんは「食べ物を地面に落としたときは,3 秒以内に拾えば食べても大丈夫」という 3 秒ルールを知っていますか?

アメリカでは,3 秒ではなく「5 秒ルール」で, “Five seconds rule!”と叫びながら,地面に落ちた食べ物を食べる人がいるそうです.

まぁ,2秒の差なので,大きな違いはありませんが笑

じつは,アメリカから,このルールの真偽を,真剣に検証した研究が発表されています.

文献: Miranda RC, et al:Longer contact times increase cross- contamination of Enterobacter aerogenes from surfaces to food. Appl Environ Microbiol, 82:6490-6496, 2016

この研究では,食品として

  • スイカ
  • パン
  • バターがついたパン
  • グミキャンディー

が用意されました.

また,床の種類としてステンレス,陶製タイル,木,カーペットが用意され,床には,わざと二種類の細菌が付けられました.

そして,それぞれの食品を床に落として,一定の時間(1秒未満,5秒,30秒,300秒)だけ,床と触れさせます.

この実験の結果,スイカではすぐに細菌に汚染され,水分の多い食材は 1秒 以内でも汚染される可能性があると分かりました.

他方,カーペットに落ちたグミは汚染までの時間が長かったようです.

これらのことから,細菌に汚染されるスピードは,食材と,落とした床の状態により異なってくることや,「5 秒ルールは信じないほうがよい」ということが明らかになったとのことです.

…すごく興味深いですね!

というわけで,

これまで3 秒ルールを信じて落ちたものを素早く食べていた人は,今後は,落ちたものは菌に汚染されていると覚悟して食べましょう (ノ_<)!笑