20代、30代のNISAの利用率

20代、30代は、NISAをどれくらい利用しているのでしょうか?

最近の相場の乱高下に関連して、少し気になりました。

ちょっと調べてみようと思って、ネットを調べてみましたが、、、

根拠が提示された明確な数字が見つかりませんでした。

そこで、自分で計算してみることにしました。

参照したのは、つぎの2つです。

①NISA・ジュニア NISA 口座の利用状況調査 (2019 年9月末時点)

こちらは金融庁が発表しているものです。

②人口推計 - 2020年(令和2年)3月報

こちらは統計局が発表しているものです。

上記のNISAの利用状況調査に最も近い、2019年10月1日時点での人口推計 (確定値)を参照しました。

まず、①によると、一般NISAを利用している(投資利用枠が設定されている)のは、20歳代で「36万5,594口座」、30歳代で「93万182口座」でした。

また、積み立てNISAを利用している(投資利用枠が設定されている)のは、20歳代で「27万1,058口座」、30歳代で「42万8,987口座」でした。

また、②によると、日本人の人口は、20歳代が1182万人で、30歳代が1380万人です。

では、算出した割合を見てみましょう。

(1) 一般NISAの利用率(人口比)

 20歳代 3.1%   30歳代 6.7%

(2) 積み立てNISAの利用率(人口比)

 20歳代 2.3%   30歳代 3.1%

意外に低い結果になりました。

少なくとも「日本の若年層は株式投資にほとんど関心がない」と言えそうです( ˘ω˘)