子供には募金をしたくなる

その日は,日曜日でした.

駅のエスカレーターを昇ると,

「緑の募金にご協力をお願いします!」

と声が聞こえました.

ぱっと見ると,小学生と思われる子どもたちがいました.

直感的に,

「あっ,募金しよう」

と思ったんですね.

財布を取り出して,100円ぽっちでしたけれど,

「がんばってね〜☆」

と声をかけて募金しました.

そして緑の羽根を受け取りました.

これ自体は,善いことができたので良かったんですが,

ふと,

なぜ自分は募金したんだろう…?

と考えました.

なぜかというと…

たまに,駅前で募金している大学生がいたりしますよね.

「恵まれない海外の子供たちのために〜」

ってやつです.

恥ずかしい話なのですが,私はあれに募金したことないんです.

ユニセフだろうが何だろうが,いつも素通りです.

足を止める時間がもったいなく感じてしまうとか,そんなのもありますけれど,全然,募金する気が起きないわけです.

でも,先日はパッと募金できたわけです.

この違いは,何なのかなぁーと考えてしまったんですね.

その結果,分かったのは,単純に,

子どもだったから応援したくなった

ということです.

大きい声を出して頑張ってたんですね.本当に.

やっぱり,純粋さというか,そういう部分に惹かれたのかなぁと思ったわけです.

ちなみに家に帰ってから気がついたんですが,その時点では,私は,緑の募金で何が行われているのか知りませんでした.

調べてみたら,森林整備のほか,震災で被災した方々への支援,子どもたちへの森林環境教育,また海外の緑化支援等にも使われているということを知りました.

少しですが,地球環境に貢献できたので良かったです.

みなさんも,街で「緑の募金」の活動を見かけたときは,ちょっとだけでいいので募金してみてくださいね(^O^)/