共働き夫婦が,住宅ローンを共同名義にするメリット

最近は,家を買うときに, 夫婦で住宅ローンを組む というのが一般的になっています.

その理由は… ご存知の方も多いかもしれませんが,住宅ローン控除という制度の存在です.

住宅ローン控除とは,ざっくり言うと,ローン残高の1%分が,税額控除される制度です.

ポイントは,生命保険料などのように所得控除になるのではなく,住宅ローンは税額控除であるということです.

これは,10%への増税後なら13年間も適用されます.年間で40万円あるいは50万円(長期優良住宅の場合)を上限に,税金(所得税+住民税)が減額されます.

この住宅ローンは,フル活用することが大切です.

たとえば,年収500万円の夫が一人で組むと,平成31年度の税制で計算すると住民税は24.4万円,所得税は13.9万円 ということで,合計が38.3万円なので,40万円(あるいは50万円)をフルに活用できません.

そこで,共働きの夫婦は,共同で住宅ローンを組めば,税額が40万円(あるいは50万円)を超えるので,制度の恩恵をフルに受けられるというわけですね.

うまくいく条件なら,40万円×13年=520万円 をもらえる計算になります.

長期優良住宅なら,50万円×13年=650万円をもらえる計算になります.

実質的に,家の値引きです.

(富裕層の優遇との指摘もありますけれどね…)

ちなみに,住宅ローン控除をフル活用するためには,頭金を入れないという手法も有効です.

それに,住宅ローンの利子は,ものすごく低いので(年率0.5を下回る),頭金は13年間,運用に回したほうが得をします.

住宅ローンの利子を上回る運用をすればお得になるということですね.