住宅ローンを組む予定があるなら,クレジットカードの返済延滞に注意!

家を買うときに知ったことを,思い出して書きます.

「近いうちに家を買うかもなぁ?」と思っている人がいたら,読んでってください.

住宅ローンには審査がある

戸建やマンションを買うときに,ふつう,住宅ローンを組みます.

多額の融資ですから,どこの銀行でも,しっかりとした審査があります.

具体的には,事前審査本審査という二段構えの審査になっています.

どちらの段階でやるかは銀行によって違いますが,

審査のとき,銀行は,あなたの信用情報を確認します.

ここでいう信用情報とは,「信用情報機関」が持っている情報です.

商品をローンで購入した履歴など,カード会社から知らされた情報が登録されているそうです.

また,返済の遅れ(延滞)があったりすると,それも記録されます.

そして,

銀行が信用情報を確認して,

「問題のある人物」

と認定されると,

融資は拒否されます!

…こうなっては色々とマズいですね

信用情報機関は3種類

ここで信用情報機関をあげときます.

3つあります.

よかったら,パッと見てみてください.

CIC(https://www.cic.co.jp/

主に,クレジットカード会社やローンを取り扱う銀行が加盟しています.

JICC(https://www.jicc.co.jp/

消費者金融会社の多くが加盟している信用情報機関です.

KSC(https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

銀行および銀行関連のクレジットカード会社が加盟しています.

 

拒否を防ぐために

詳しくは、上の機関のWebサイトで確認してもらえればと思いますが,

ひとつ重要なことがあります.

それは,

延滞に関する情報は最長で「5年間」も記録が残る

ということです.

長すぎますね.

…というわけで,カードのご利用は,無理なく返済できる範囲で,

ご利用は計画的に.