母乳のみの赤ちゃんは,生後6カ月で貧血を生じやすい

子育ての豆知識の紹介です.

通常,離乳食は,生後,5・6ヶ月ごろからスタートします.

しかし,中には,母乳のみという状態で,5・6ヶ月を超えて,ズルズルと続ける家庭があります.

離乳食は,

  • 作るのが大変
  • 作っても食べない
  • 食物アレルギーが心配

などが理由のようです.

しかし, 粉ミルク(人工栄養)を使わず,母乳のみの栄養を与えられていた赤ちゃん(乳幼児)は,生後6カ月の時点で,貧血を生じやすいという報告があります.

 

貧血により,

  • 体重の増加
  • 身長の伸び
  • 脳の発達

などに悪影響となります.

つまり,粉ミルクを使わず,母乳のみで育てた赤ちゃんは,適切な時期(5・6ヶ月ごろ)に離乳食を開始することが,貧血予防のために大切ということですね.