学校での生徒の掃除は,雇用の機会を奪っている?

小学生のころ,給食を食べたあと,教室とか,廊下とか,トイレとか,班に分かれて掃除していましたね.

いま振り返ってみると,あれは教育の一環だった…と思うわけですが,

いまの小学校でも,生徒による掃除は行われているようですね.

一方の海外では,生徒が掃除することはないみたいですね.

掃除の仕事をする人がいるようです.

さて,こうやって海外と比べると,日本では,生徒が掃除をすることで,雇用の機会を奪ってしまっていることが分かります.

生徒の掃除は,続けるべきなのでしょうか? それとも廃止して,掃除の担当者を雇うべきなのでしょうか?

難しいですね.

どっちでもいいかなぁという気がしますが…,

みなさんのご意見はいかがでしょう.