ETHアドレスと連携ができる新ドメイン「.luxe」

以前、お名前コムを訪れていて、面白い情報を見つけたので、ご紹介します。

それは、新ドメイン「.luxe(ラックス)」です。

お名前コムによると、新ドメイン「.luxe(ラックス)」の特徴は、イーサリアム(ETH)アドレスと接続できることだそうです。

イーサリアムアドレスは”0x466f6dea…”のように、覚えるのが難しいためイーサリアムの送金時に間違いが発生する可能性があります。

しかし、「.luxe(ラックス)」ドメインは「ENS」という仕組みを利用することでそれらを解決することが出来ます。

ENS = Ethereum Name Service

つまり、どういうことかというと…

仮想通貨のイーサリアムの送金や受け取りなどの取引には、「0x」から始まる合計42文字の英数字から成るイーサリアムアドレスが必要となります。

 

しかし、“(例)0x466f6de234aeca0e1a… “のような複雑なアドレスを覚えておくことは非常に困難であり、送金時に間違いが発生する可能性もあります。

新ドメイン「.luxe」は、このイーサリアムアドレスと連携(紐付け)できるドメインです。複雑なアドレスを、(例)「onamae.luxe」などの覚えやすい文字列のドメインに置き換えて使用することで、イーサリアムの取引におけるアドレスの管理をとてもシンプルにすることができます。(引用元:https://www.gmo.jp/news/article/6224/)

「自分の氏名.luxe」みたいなドメインで、イーサリアムを受け取れるということなのです。

面白いですね!!