今の生活に満足している人は7割

テレビで新・厚生大臣が言っていました.

国民の7割の人が今の生活に満足していると.

根拠は内閣府の調査結果とのことで,調べてみました.

それによると, 全体として、現在の生活にどの程度満足しているか聞いたところ,

 「満足」とする者の割合が73.9%

 

  • 「満足している」11.5%+「まあ満足している」62.4%

 

「不満」とする者の割合が25.0%

 

  • 「やや不満だ」20.0%+「不満だ」5.0%

となったそうです.

 

この調査結果ですが…

内容をさらに見てみると,この「7割」という数字が,実態を反映しているか,かなり怪しく感じました.

なぜなら,調査方法が,調査員による個別面接聴取法であり,調査対象となる母集団は,一万人ですが…

有効回収数(率)は,5,492人(54.9%)で,

他方,調査不能数(率)4,508人(45.1%)のうち,拒否が1,864もあります.

なおかつ,若くなるほど回収率が低くなるという感じでした.

結果にはかなりのバイアスがかかっていそうです.

なので,私は,この「7割の人が今の生活に満足」という結果には懐疑的です.

私の実感では,5割程度かそれ以下なんじゃないかという感覚です.

みなさんの感覚はいかがでしょうか?

参考:国民生活に関する世論調査