トレードでは、強いトレンドほど、のっかると利益が出やすいと言われています。

今回は、強い上昇トレンドの見分け方について学んだので、記事にしてみます。

移動平均線とローソク足との位置関係に注目

移動平均線のパラメータ(期間)は、「5」「25」「75」の組み合わせがスタンダードです。

トレンドの強さを見るには、この「5」が重要になります。

期間を「5」としたSMA(単純移動平均線)と、ローソク足との位置関係に着目します。

sma,ema,trend,chart
上図のように、5SMAと交わっていない局面では強いトレンドが発生していると判断します。

一方、5SMAと交わっている局面では、標準的な、ふつうのトレンドが発生していると判断します。

実際のトレードでは

実際のトレードでは、まず、日足で、5SMAと、ローソク足との関係をチェックします。

日足で強いトレンドが確認できたら、4時間足や1時間足などをチェックします。

そして、4時間足や1時間足などでも、トレンドが発生していると判断できた場合に、トレンド方向にエントリーします。

そうすれば、強いトレンドに乗って、利益が出せる確率が高くなります。