子どもの便秘。原因は牛乳!?

1歳~2歳くらいの小さい子どもに、牛乳を飲ませることがあります。

子どもの中には、おかわりを何度も要求する子がいます。

近所の小児科医の先生から聞いた話ですが…

小さい子に牛乳をたくさん飲ませてしまうのは、よくないそうです。

理由は、うんちが固くなってしまうからです。

これが原因で、子どもが便秘になったり、うんちが固いことで肛門周りが切れて痛くなったりします。

子どものうんちが固いとか便秘かなと思ったら、いったん牛乳を止めて、水やお茶で水分補給をするのが良いそうです。

うんちが柔らかくなったのを確認してから、飲ませる牛乳の量を調節します。