大麻ビジネスの市場予測

日本では大麻はタブー視されていますが,近年,世界では,娯楽用(嗜好品として)の使用を解禁する国や,医療用に限って解禁する国が増えています.

近年は世界各国で,大きな動きがありました.

カナダ

カナダでは,大麻の娯楽用の使用が解禁された際,品薄状態になったことがニュースになっていましたね.

https://www.afpbb.com/articles/-/3193843

イギリス

また,イギリスでは,医療用の使用が合法化されました.

https://www.bbc.com/japanese/46053762

タイ

さらに,昨年末,タイも医療・研究目的の大麻使用を認めました.

https://jp.reuters.com/article/thailand-cannabis-idJPKCN1OP019

メキシコ

メキシコも,追随する可能性があります.

https://newsphere.jp/politics/20181120-1/

大麻解禁の流れは,世界的な動きとなっています.

今後の需要は,「天文学的」とまで言われており,成長が見込まれる分野となっています.

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-18/PGSHPQ6S972A01

そこで,今回は,大麻ビジネスの市場予測について情報を紹介します.

グリーンラッシュ

「合法的な大麻」の市場は世界的に急拡大しています.
この大きな動きは,グリーンラッシュと呼ばれています.
言葉の由来は,1800年中頃に,金脈を探し当てて一攫千金を狙う採掘者が殺到した現象ゴールドラッシュをもじったものです.
このグリーンラッシュですが,特にアメリカで動きが活発で,「アメリカは緑の楽園になりつつある」なんて言われているようです.
2025年には,アメリカの大麻市場は240億ドルに達するとさえ予測されています(Forbesの記事より).
右肩上がりの市場予測です.
アメリカでは,カリフォルニア州で約20年前,医療用大麻が初めて合法化されて以降,関連ビジネスは,米投資企業から大規模な資金を呼び込み発展してきました.大麻が合法化される州は,次第に増えていってます(ロイターの記事より).
これに伴い,アメリカでは,大麻関連のスタートアップ企業が続々と誕生しています.

この流れについては,共和党支持者を中心に強い懸念を示す層も存在するようです(解禁されている州は、民主党支持の州が多いようですね).

しかし,今後も大麻が解禁される州は増えていくと予測されています.

ちなみに世界に目を向けてみると,年を経るごとに,世界中で,娯楽用の大麻を解禁(合法化や非刑罰化)する国や地域は増えていってます.

オランダ,イギリス,スペイン,ポルトガル,ドイツ,チェコ,デンマーク,アルゼンチン,チリ,ウルグアイ,ジャマイカ,ブラジル,オーストラリア…

背景にあるのは,ざっと調べたところ,解禁した国や地域では,主に次のような理由・事情から,解禁の判断をしているようです(国によって多少の違いはあるかもですが).

①薬物流通の管理がしやすくなる(薬物流通にからむ犯罪組織への収入源を断てる)

②警察や司法の人的資源を、他の犯罪への対応に使える

③税収入の増加への期待

④大麻産業による経済効果への期待要は,大麻合法化のメリットがデメリットを上回る,という判断をしているようです.

嗜好品としての大麻は,たばこやアルコール類の市場を奪うとまで言われています.

さらに,医療用の大麻を合法としている国も,現にいくつかあります.

海外では,大麻の成分に医薬品としての有用性が認められつつあるということですね.

日本では研究すら難しいのが現状ですが…

いま世界中で,大麻関連企業への投資が加熱しています.

アメリカの金融街の動向にも関心が寄せられています.今後の動きに要注目です.