共働きの夫婦は、住宅ローンはペアローンかつ頭金を入れないのが正解

ご存知の方も多いと思いますが,いま,住宅ローン控除という制度があります.

ざっくり言うと,ローン残高の1%分が,税額控除される制度です.

ポイントは,生命保険料などのように所得控除(しょとくこうじょ)になるのではなく,住宅ローンは税額控除(ぜいがくこうじょ)であるということです.

https://www.sumai-fun.com/money/20/post-3.htmlより引用

 

年間で40万円(50万円の場合もある)を上限に,税金(所得税+住民税)が減額されます.

しかし,この制度だと,残高の1%が,払う税金より多い場合は,住宅ローン控除を活用しきれないという事態が発生します.

一人で住宅ローンを組むと,そういう事態が発生してしまいます.

そこで,夫婦共働きの場合,夫婦で住宅ローンを組むのがよいでしょう.

いわゆるペアローンです.

たとえば,3000万円の家のローンを,1500万円ずつにするような感じです.

これにより,住宅ローン控除を,13年間,夫婦でフルに活用できるようになります.

つまり,13年間は,世帯で払う税金をめいっぱい少なくできるわけです.

 

また,貯金を,ペアローンの頭金として使わないこともポイントです.

なぜかというと,いま,住宅ローンの利子がものすごく低いので,

『貯金は運用したほうが良い』

という時代だからです.

住宅ローンの利子を上回る運用をすれば,プラスになるわけです.

ちなみに不動産屋さんから聞いた話では,いまは,貯金を出せば家を買える人たちも,自分のお金を使わず,わざわざ住宅ローンを組んで家を買う時代だそうです.

それだけ,住宅ローンの年利の低さと,住宅ローン控除の活用が,魅力的なようです.