妊婦のマタニティマークの目的

周囲の人に,自分が「妊婦」であることを知らせるマークとして, 2006年の3月10日に発表されたのが,マタニティマークです.

2018年の厚生労働省研究班の調査では,女性は20~60歳代まで6割以上で知っていたようなのですが,

男性は30~50歳代で5割以上で認知,20歳代男性の認知度は37%にとどまったそうで,男性の認知度は「高い」とは言えないのが現状です.

読売新聞:

「マタニティマーク」認知度まだ58%…20代男性は37%

さて,そんな男性の認知度が高くないマタニティマークなのですが,さらなる問題があるようです.

それは… 男性は,マタニティマークを認知していたとしても,女性がマタニティマークをつけている意味を大きく誤解しているという話です.

参考 http://econte.co.jp/works/maternity/

このデータによれば,女性は,主に,

緊急時に自分が妊婦であることを知らせたい

という目的でつけているんですね(56.8%).

たとえば,お腹がそれほど大きくない状態のときに,何かのきっかけで,意識がなくなったとします.

そのとき,周囲の人や,かけつけた救急隊は,マタニティマークから,患者が

妊娠状態

ということを迅速に把握できるんですね.

ネットでよく叩かれるような,「電車で席を譲ってほしいからつけている」とか,そういうのが主目的ではないんです.

上の図で「アピールするもの」という回答が38.4%という現状は…

なんだか悲しいですね.