ヘルプマークの認知度はどれくらい?

ヘルプマークというものがあります.

ヘルプマークは,外見から分からなくても援助や配慮を必要としている人のために作成されたマークです.

たとえば,義足や人工関節の人,体の内部に障害をもっている人たちが利用します.

このマークは,東京都が作成した比較的新しいマークなのですが,普及活動によって,他府県の自治体でも,導入するところが増えています.

参照 東京都福祉保健局ウェブサイト

このように全国の自治体で普及が進むヘルプマークですが,国民の認知度は,まだまだ低いのが現状だと思います.

せめて,この記事をきっかけに,把握していただけたら幸いです.

なお,東京都による普及のためのPR動画がありますので,よかったらご覧ください.

さて,ここまではヘルプマークの紹介でしたが,

多くの人にとって気になるのは,「ヘルプマークを身に着けた人を見かけたら,どうしたらよいのか」ということでしょう.

これについて,東京都福祉保健局のウェブサイトに,説明がありましたので,

最後に,下に紹介させていただきます.

電車・バスの中で、席をお譲りください。

外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。 また、外見からは分からないため、優先席に座っていると不審な目で見られ、ストレスを受けることがあります。

駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をお願いします。

交通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる、歩く、階段の昇降などの動作が困難な方がいます。

災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。

視覚障害者や聴覚障害者等の状況把握が難しい方、肢体不自由者等の自力での迅速な避難が困難な方がいます。