アポロ11号は本当に月へ行ったのか?

アポロ11号は、アメリカ合衆国のアポロ計画において、初めて人類を月面に到達させた宇宙飛行であると言われています。

着陸日は、1969年7月20日。

科学の歴史上、もっとも重要な事件の一つですね。

…ところが、過去には、アポロ11号は月に行っていないのではないかと主張する人がいたようです。

いわゆる「アポロ計画陰謀論」です。

アポロ計画陰謀論とは、アメリカがNASAを中心として1960年代~1970年代に行ったアポロ計画(人類の月面着陸計画)が陰謀であったとする説(陰謀論)や捏造であったとする説のことである。

陰謀論者たちは、地球に送信された写真やビデオ映像の中の影に不自然な点があることや一部の写真に星が写っていないことを指摘し、「捏造」という主張を展開していたようです。

 

はたして真実はどうなっているのでしょうか?

 

興味深い記事を見つけました。

 

「背景に星がひとつも見えず、また光が不自然に当たりすぎている」という理由で、ニセ物と主張されていた、この写真。

 

アポロ11号は本当に月へ行ったのか?
アポロ11号は本当に月へ行ったのか?

 

数年前に、NVIDIA社がGPU技術で、「事実」と証明していたようです。

🔗https://wired.jp/2014/10/01/nvidia-moon/

 

何十年も経過してから、後世の科学技術によって証明されるなんて…

とても面白いですね😳