全展望監視システム「パノプティコン」

パノプティコンとは,功利主義者ベンサムの提唱した全展望監視システムです.

※功利主義

功利主義は、行為や制度の社会的な望ましさは、その結果として生じる効用によって決定されるとする考え方

刑務所などの施設に用いることを想定して提唱されました.

中央に高い塔を置き,それを取り囲むように,囚人達の部屋が,ドーナッツ状に配置されます.

少ない人数で囚人を監視できるので,理にかなっています.

また,パノプティコンでは,囚人たちは,お互いの姿や看守が見えない一方,看守はすべての囚人を監視することができます.

囚人たちは,「いつ看守に監視されているのかわからない」という状況に置かれていることで,

常に監視されていることを意識し,自ら従順になるそうです.

このパノプティコン,実在します.

キューバに,「プレシディオ・モデーロ刑務所」という刑務所があります.

約50年前に閉鎖され,廃墟となっていますが,一般公開されていて内部を見ることができるようです.

このパノプティコン…色々なことを考えさせられますね.