アニメで多用されるゴブリンと殺され方への考察

ゴブリンは、基本的に残虐非道であり、人を襲って略奪や暴行・殺戮をします。

ゴブリンのイラスト
ゴブリン

そんなゴブリンですが、位置付けは雑魚キャラなので、アニメにおいては、必ず、主人公パーティーに殺される機会があります。

剣で切られたり、魔法でやられたりします。

 

さて、アニメをよく観る人には共感してもらえるかもしれませんが、、、

近年は、ゴブリンが登場する作品が増えているような気がします。

 

なんでかな? と疑問に思って考えたところ、ひとつの仮説を思いつきました。

 

それは、人が派手に殺されるシーンを描きにくくなってきた時代背景があるのではないか、という仮説です。

 

最近のアニメでは、人が殺されるシーンは減っている気がしますし、描かれるとしても、心臓をひと突きとか、腹部を刺されて出血多量で死ぬなど。

悲鳴だけ(あるいは音声だけ)、という場合もあります。

人がエグい殺され方をする、という描写はあんまり見かけません。

 

他方、ゴブリンは、剣で胴体真っ二つにされたり首を切られて血が吹き出したりとか、火炎系呪文で丸焦げにされたりとか、ふつうに描かれます。

作品にもよりますが、その際の描写は、けっこうエグい場合があります。

 

人では描きにくいことを、「ゴブリン」を利用して描いている、という可能性が考えられます。

 

なお、観る側も、それを受け入れている気がします。

ゴブリンがどれだけ苦しんで死のうとも、観る人の心が痛むことはありません。

ゴブリンは、そういう報いを受けて然るべき存在として認識されています。

 

…ゴブリンとは、なんと哀しき存在なのでしょうか。