京アニの被害者の実名報道を振り返る

京アニの事件を振り返ります.

 

大変痛ましい事件でした.

 

 

京都府警は昨年の8月27日,被害者の名前を公表しました.

NHKニュースより:

この事件で京都府警察本部は27日午後、亡くなった35人のうち、これまで見合わせていた25人の方の名前を公表しました。ほかの10人の方の名前はすでに公表されていて、事件で亡くなった35人全員の名前が公表されました。ー「京アニ」 死亡した25人の名前公表 京都府警(2019年8月27日 15時39分)

 

これを受けて,NHKなどマスコミ各社は,被害者の実名を報道しました. これに対し,京アニの代理人弁護士さんは,このように述べました.

 

一部の遺族は「実名の公表や報道をしないでほしい」と思っていたことが読み取れます.

京都新聞の報道によると,京都府警は,「一部の遺族については公表を望んでいないとして、報道各社に対して匿名での報道要望を伝えた」ということですから,やはり,そういうことだったんだろうと思われます.

こののち,京都府警やマスコミ各社に対し,非難が集中しました.

マスコミに関しては,ツイッターで「#マスゴミ」というタグがトレンド入りしたほどです.

 

この件では,

・警察が被害者の実名を公表すること

・マスコミが被害者の実名を報道すること

この2点について議論を巻き起こす結果となりました.

 

当時,個人的には,警察が被害者の実名を公表すること,マスコミが実名報道することは,別に構わないと思っていました.

実名無しでは情報の信頼性が担保できないことと,他の事件でもやっていることでもあるというのが理由です.

 

ただ,報道のあり方については,もうちょっとなんとかならんかなぁ…と思っていました.

マスコミ(とすべてのメディアを一括りにするのは良くないですが,とりあえず.)が,被害者のプライバシーに踏み込みすぎていたきらいがあるからです.

京アニの事件で,どの程度,マスコミが実際に遺族の感情を傷つけたのかということは分かりませんが, 日頃から,マスコミが被害者のプライバシーに配慮しつつ,淡々と報道する姿勢であったならば,この件で,マスコミが大バッシングされることは無かったんじゃないかと思うのです.

問われているのは日頃のマスコミの姿勢…そんな気がしました.