最低賃金を上げると失業者が増える?

最低賃金を上げるべきだ、という議論があります。

これは、労働者全体の給料の底上げや、格差縮小などにつながる、メリットのある話に聞こえます。

しかし、こういう視点もあるようです。

最低賃金を上げたとき、いまの低賃金労働者の給料が上がるわけですから、増えた人的コストを削るため、経営者は、上がった最低賃金に見合わない人間を切り捨てることになる、という視点です。

最低賃金に見合わないような人間は、働くことすらできない社会になる、という話です。

もちろん、インフレになれば、切り捨てられた人たちが、のちに再雇用される場合も考えられますが、それは、あくまでも楽観的な考え。

短期的には失業者の増加が懸念されるのですね。

最低賃金を上げるには、失業者対策とセットにしなければいけないのかもしれません。

ただし、その原資は税金でしょうけれど。