新型コロナのワクチンが完成したらややこしそう

新型コロナウイルスの感染拡大により、経済活動が制限されていますね。

そんな中、新型コロナウイルスのワクチンが研究開発されていて、その完成が期待されています。

しかし、です。

ワクチンが完成すれば、本格的な経済活動が始められるのでしょうか?

違いますね。

優先順位の議論があることからも分かるように、仮にワクチンが完成しても、国民に打ち終わるのには、時間がかかります。

ワクチンが完成しても、多くの人が「順番待ち」という状態になります。

 

 

 

それに、全員が打てるわけではありません。

健康に問題があるなどの理由で、打てない人もいるでしょう。

さらに、有償となれば、経済的理由で打てない人も出てくるはずです。

そんな状況では、何かの目的で人が集まろうとするときに、問題が生じますね。

たとえばイベント。

(ここに集まっている人たちはワクチン接種したのかなぁ?)

誰もがこんな不安を感じるでしょう。

それを防ぐため、『ワクチン接種をした人だけ参加可能です』みたいな条件が課されることはあり得るかもしれません。

つまり、ワクチン接種の証明書が求められる事態もありえるかもしれません。

ただ、これにも、問題があるんですよね。

ワクチンは、完璧な抵抗力を見身につけられるものではないからです。

すなわち、感染を完全に防げるものではないんですね。

それに、免疫力によっては、ワクチンを打っても、十分量の抗体が作れない人もいます。

イベントの参加者をワクチン接種者に限定しても、理論上は、それで感染が防ぎ切れるわけではないのですね。

とはいいつつ、ワクチン接種者が増えていけば、社会全体の抵抗力が増し、感染収束へ向かいます。

ワクチン完成から、収束までの間、少しの混乱が予想はされますね。。。