栄養スクリーニング方法の種類

栄養スクリーニングツールの種類を紹介します。

  • SGA(subjective global assessment)

主観的に栄養状態を判定するもの

  • GLIM criteria(global leadership indicator of malnutrition criteria)

2019 年に ASPEN(米国静脈経腸栄養学会)および ESPEN を中心に提言された低栄養の診断プロセス

  • CONUT(Controlling Nutritional Status)

入院中の成人に対しての栄養評価法として作成された

  • MUST(malnutrition universal screening tool)

一般成人の栄養評価法

  • NRS 2002(NRS:nutrition risk screening)

成人の入院患者における栄養評価法として ESPEN(欧州臨床栄養代謝学会)で開発

  • MNA(minimum nutritional assessment)

ヨーロッパで開発された高齢者用の栄養評価ツール

  • GNRI(geriatric nutritional risk index)

術後患者の栄養評価として開発された nutritional risk index(NRI)を基に入院中の高齢者をターゲットに開発されたスクリーニング法

  • S-NUST(Scored Nutritional Screening Tool )

日本製の栄養スクリーニングツール

▶︎栄養スクリーニングツールのメリット

病院で低栄養が問題になる場面には、さまざまあると思います。

病院食が全量摂取できてない人を例にとれば、

食欲はあるが食べられない

食欲が出ず食べられない

誤嚥する人

消化管に異常があり、経口摂取できない

などです。

患者を個々に評価するのは大変です。

栄養スクリーニングツールにより、単一の方法で、行えれば、効率がよくなります。