肝マーカーの見方

・AST/ ALT 比>5で,ALT がほぼ正常であれば,肝臓以外の障害による AST 上昇と考える.

・骨疾患ではγ–GTP は上昇しないため、 γ–GTP 上昇を伴わない ALP 単独の上昇があれば、まずは骨由来と考える.

・総ビリルビン上昇時は、直接ビ リルビンの上昇の場合は肝由来と考え、間接ビリルビンが高値の場合は溶血性貧血やGilbert 症 候群を考慮する(肝疾患で間接ビリルビンが上昇することは稀)。

・肝胆道系由来の肝障害は「肝細胞障害型」 「胆汁うっ滞型」「肝合成能低下」の 3 つのパターンがある。

AST,ALT 優位の上昇(正常上限との比で ALT/ALP 比>5は、肝細胞障害型、ALP優位の上昇(ALT/ALP 比<2)は胆汁うっ滞型と考え、肝合成能低下はアルブミンやプロトロン ビン時間(PT)で判断する。