日本の街の景観が醜いのは、なぜか?

ヨーロッパは景観が素晴らしいですね。

街並みが、とても美しい。

建築物の高さがそろい、外壁や屋根の色も同系色。

看板や広告も控えめです。

そういう街並みは観光資源であり、人を惹きつけます。

もちろん、それはヨーロッパに暮らす人々が、景観に関する規制を受け入れているから実現できていることてすが。

 

一方、日本は、建物の外観がバラバラで雑然としています。

おまけに、道は看板や広告であふれかえっています。

歴史や文化が違うから仕方ないと言ってしまえば、それまでなのですが、それでも、「何とかならないものか」と思うことは、しばしばです。

しかし、景観を気にせず、自由気ままに家を建てられることは、日本の良さでもあります。

それが良いと思う人も多くいらっしゃるでしょう。

なんとも考えるに難しいテーマです。