現代アートと鑑賞者の解釈

作品は、アーティストの手を離れると、さまざまな人によって鑑賞されます。

 

鑑賞者は、多種多様。

 

現代アートの場合、展示場で、作品に解説がつけられていることは少なく、たいてい、解釈の仕方は、鑑賞者に委ねられます。

ゆえに、鑑賞者が、作品を、アーティストの意図とは違う形で解釈することがあります。

きょうは、それを体験した日でした。

わたしは本日、とある展覧会を観るために、大阪にある国立国際美術館にいったのですが、そこで、マーククイン(MARC QUINE)というアーティストの彫刻を見る機会がありました。

下着姿で、瞼を閉じて座っている女性の彫刻でした。

マーククイン(MARC QUINE)美女と野獣
マーククイン(MARC QUINE)美女と野獣 http://marcquinn.com/より

実物を見てもらうことができなくて残念ですが、みなさんは、この彫刻の画像を見て、何を思い、何を感じるでしょうか。

 

わたしは、初めてこの彫刻を見たとき、とくに何も考えなかったのですが、ふと、彫刻の横に標示されていた彫刻のタイトルに注目しました。

 

そこに書いてあったタイトルは、「美女と野獣」

 

タイトルを見て、わたしはこんなことを考えました。

 

 

「美女と野獣」??

美女とは、この彫刻のことだろうな…

では、野獣は一体どこに…?

 

そうか、ひょっとしたら、、、

野獣とは、この女性を鑑賞する鑑賞者のことを意味するのかもしれないな。

 

 

さて、こんな解釈で、この彫刻作品を鑑賞したわたしですが、家に帰宅してから、この作品のことを調べてみると、マーククインの公式サイトに、こんな説明が載っていました。

あえて訳さずに転載してみます。

http://marcquinn.com/artworks/single/beauty-and-the-beast

Artwork Details:

Type

Sculpture

Year

2005

Medium

Polymer wax and freeze-dried animal blood

Dimensions

83h x 62.7w x 80.5d cm

“As a companion piece for Chemical Life Support, I made Beauty and the Beast, a portrait of a young girl asleep, yet alert, as if under an enchantment. It’s made of polymer wax mixed, not with a medical drug, but with freeze-dried animal blood bought commercially (usually used for fertilizer). She becomes an ark, possessed by all these animals, beauty and the beast in one. This work is about the co-existence of innocence and corruption in the world and about a girl being on the cusp of childhood and adult life.” – Marc Quinn, Recent Sculptures Catalogue, Groninger Museum, 2006

 

マーククインによれば、「野獣」は、鑑賞者ではなく、彫刻と一体化しているようです。

美術作品と解釈について、様々なことを考えさせられる、貴重な体験でした。