Mycobacterium abscessusの亜種と治療法

Mycobacterium abscessusは、ゲノム解析により、三つの亜種に分類されています。

Mycobacterium abscessusと、Mycobacterium bolletiiと、Mycobacterium massilienseです。

これら三つの亜種を総じて、Mycobacterium abscessus complexと呼びます。

遺伝子検査による亜種の特定が重要な理由は、Mycobacterium abscessusの治療成功率が低いからです。

それは、Mycobacterium abscessusが、マクロライド耐性遺伝子(erm41)を発言しやすいからと言われています。

Mycobacterium abscessusは、マクロライド、アミノグリコシド、イミペネム、ニューキノロンなどを組み合わせて治療されます。