入金催促の電話の例文

もしも、取引先から支払期日に入金がないという場合、どうすればよいのでしょうか。

そのようなときは、基本的には、急ぎの案件でしょうから、電話で連絡することになります。

しかし、相手にどう伝えればよいのでしょうか。

悩みますね。

ここでは、売掛金を確実に回収したい、というときの対応方法として、入金催促の電話の例文を紹介します。

つぎのようなフレーズを使います。

「お忙しいところ恐れ入ります。」

「9月分のお振り込みがまだのようなのですが、ご確認いただけますか?」

「行き違いで、お振り込みいただいおりましたら申し訳ございません。」

相手が、入金の遅れを認めたときは、こちらから、期日を指定(提案)します。

「では、18日までにお振り込みいただけますでしょうか?」

相手が承諾しない場合は、上司に相談するか、別の期日を相手に提案しましょう。