健康の優先順位が低い人へのアプローチ

近年は独居(一人暮らし)の中年や高齢者が増加。

彼ら/彼女らは、必ずしも、健康の優先順位(プライオリティ)が高いというわけではない。

一番優先されるものがお酒だったり、タバコだったりする場合が多々ある。

健康を得ようというモチベーションが低いのである。

生活は不規則。野菜を食べない。運動しない。etc.

そんな人たちに、生活習慣の改善をしてもらうのは困難である。

医療者は、彼ら/彼女らに対し、劇的な変化を望まず、最低限の取り組みとして、サプリメントで不足する栄養素を補充しましょう、といってサプリメントの摂取を勧めるアプローチも有用である。