面接で胸を盛るのはNG?バストアップの是非

「就職試験に受かりたい。」

そんな気持ちから、面接での印象を上げるために、胸にパットを入れてバストアップをする女性がいると聞きます。

本来は、ジェンダー平等の観点や、人を外見で判断してはいけないという観点から、胸の大きさで合否を決めてはいけないのは当然ですが。

しかし、日本では、面接官が中高年の男性であることが多いのも事実です。

中小企業などでは、同じような能力の応募者が複数名いたときに、「見た目で決める」というのは、よく聞く話です。

 

では、この事実を踏まえた上で、若い女性が、就職面接に臨むときに、バストアップをする(胸を盛る)べきなのかどうかが問題となります。

 

結論からいえば、NOでしょう。

 

外見が決定打となって女性を選ぶような企業には、就職するべきではないからです。

たとえ、就職できたとしても、このような企業の中では、女性を軽視する風土があるかもしれません。

ひどい場合には、セクハラが存在する企業なのかもしれません。

 

もちろん、ここで述べた話は、おそらく正論です。

「胸の大きさで採用する企業でもいいから、どうしても就職したい」という現実主義の人には、伝わらない話かもしれません。

しかし、やはり就職後のことを考えると、そのような企業への就職は、おすすめできないと思われます。