画面の壊れたiPhoneを強制初期化する方法

画面が壊れたり、割れたりしたiPhoneは、操作がまともに出来ず、初期化がうまくできない場合があります。

そんなときは、パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続してください。

これは、Windowsでも、Macでも可能なようです。

ここでは、Macの場合について実例を紹介いたします。

DFUモード

DFUとは、Device Firmware Updateの頭文字で、iPhoneをリカバリーモードに移行させることができないケースなどで強制初期化を行うためのモードだそうです。

iPhoneの種類によって、このモードを実行する方法は異なるようです。

たとえば、物理的なホームボタンのあるiPhoneであれば、まず、iPhoneの電源ボタンとホームボタンを同時に長押しします。

10秒ほど押し続けたら、電源ボタンだけを離してホームボタンは長押ししたままにします。

するとパソコンの画面に、iPhoneリカバリーモードの表示がでてきます。

iPhoneリカバリーモード

ここで、「iPhoneを復元」を選択すると、こんなポップアップが出てきます。

iPhoneのリカバリーモードと初期化

 

iPhoneを工場出荷時の設定にするかどうか聞かれますので、「復元とアップデート」を選びます。

しばらく待っていれば、無事に初期化されます。