メルカリの厚さ3cmの壁を突破するルカリには、厚さ3センチの壁があります。

匿名配送ができる、らくらくメルカリ便のうち、クリックポスト(日本郵便)や、ネコポス(クロネコヤマト)は、厚さが3センチメートルまでと決められています(2022年4月現在)

とはいえ、厚さ3cmを超えているものも、安く匿名で送りたいですよね。

たとえば、厚さが3.5cmくらいある分厚い本なんかは、安く匿名で発送したいものですしね。

しかし、匿名配送で、3cmを超えるものが可能と紹介されているのは「ゆうパケットプラス(375円)」や「宅急便コンパクト(380円)」など、価格が高いものばかりです。

200円で送れるシールがある!

そんなときに役に立つのが、ゆうパケット ポスト発送用シールです。

これは、封筒にペタッと貼るだけでいい、非常に楽なシールです。

メルカリのアプリで、シールに貼られた二次元バーコードを読み取って、ポストに投函するだけで、相手に荷物が届きます。

これの何が素晴らしいかというと、この、ゆうパケットのポスト発送では、厚さが3cmを超えるものが、200円で送れてしまうことです。

郵便ポストの口の厚さ

このゆうパケットポスト発送シールを貼った荷物は、規制が緩く、3cm程度のものを投函するルールが示されてはいるものの、実際は、3cmを超えていても、ポストに入りさえすれば、届けてもらえます。

一般的な郵便ポストでは、投函口の厚さが、郵便ポストの投函口は横25〜28センチ、高さ3.5〜4センチとなっています。

郵便ポストのタイプによって、投函口のサイズに違いがありますが、厚さが3.5cmまでなら、確実に投函できるでしょう。

家の近くの郵便ポストをチェック!

ためしに、家の近くの郵便ポストの投函口の厚さを調べてみるとよいでしょう。

当館口の厚さ4cmのポストが見つかればラッキーです。

投函口が4cmであれば、投函口に対して、斜めに荷物を差し込むことで、厚さが4.5cm弱の荷物であっても、投函することができるでしょう。