ツーポイントアッセイとは?

ツーボイントアッセイとは、反応開始後の特定の2つの時間の吸光度を測定し、単位時間当たりの反応速度を求める方法です。

この方法は、最初の測定時を、2回目の測定値から引くことに特徴があります。

すなわち、ワンポイントアッセイのように、盲検を作製しなくてもよいのがメリットとなります。