炎症と血清銅(Cu)

炎症と血清銅(Cu)の関係について解説します。 血清銅と炎症 銅の代謝 銅は、胃および十二指腸(小腸上部)で吸収され、肝細胞に取り込まれます。 そして、銅は、その大部分が、肝細胞内でアポセルロ…続きを読む

炎症と血清鉄(Fe)

血清鉄と炎症の関係について解説します。 炎症と血清鉄 血清中の鉄の濃度は、炎症によって測定値が変動します。 理由として、まず、血清中の鉄は、トランスフェリン(Tf)と結合しています。 トランスフェリン…続きを読む