認知症の家族が「見捨てられた」「嫌われた」と言うときの対処法

見捨てられ妄想

認知症の症状のひとつに、「見捨てられ妄想」があります。

これは、家族から見捨てられたと感じてしまう被害妄想です。

たとえば、家族が会話をしているのを見て「家族が私を見捨てる相談をしている」、「どこかへ追い払おうとしている」と思い込むことがあります。

また、会話に入れないときに、「仲間はずれにされた」と感じることもあるようです。

原因

根本にあるのは、お年寄りの不安や寂しさです。

日頃、「家族に迷惑をかけている」という思いや、「家族に見捨てられたら生きていけない」という考えが、見捨てられ妄想を生み出してしまいます。

対応方法

妄想に対して否定したり、反論したりすると、ますます高齢者との関係は悪くなってしまいます。

きちんと「見捨てられたくない」という思いに向き合うことが重要です。

認知症の高齢者との会話を増やし、つらい気持ちや不安な気持ちを聞き取ってあげましょう。

耳を傾ける姿勢をみせることで、認知症の高齢者の安心に繋がります。