コッホの4原則とは?

コッホは、ある微生物が特定の病気の原因菌であると認めるための条件として、下記の4つの条件を提唱しました(コッホの四原則)。

1. 特定の感染症の病変部位からは、特定の微生物が検出されること

2. 病変部位から検出された菌は、その病気にのみ認められること

3. その禁を動物に接種して感染させた場合、同じ病気を引き起こすこと

4. 感染させた動物から、同じ微生物が検出されること