ミアズマ病因説とは?

ミアズマ病因説(=miasma theory)とは、ヒポクラテスにより作り出された説です。

蔓延する疾病は、不潔な空気(miasma:瘴気)や、汚れた水が原因であるとする考えです。

しかし、14世紀〜15世紀に至ってヨーロッパを襲った天然痘、ペスト、梅毒の大流行により、疫病は、感染することが認識されました。