比濁法と比ろう法の違いとは?

「比濁法」は、吸光度測定法により測定します。

すなわち、試料を通る光(透過光)の減衰(=「吸光度」)を自動分析器で計測して検体に含まれる物質量を測定する方法です。

これに対して、「比ろう法」は、散乱光測定法により測定します。

すなわち、 試料により散乱された光(散乱光)の増幅を自動分析器で計測して検体に含まれる物質量を測定する方法です。