繊維性連結とは?

繊維性連結とは、膠原繊維と弾性繊維で結合されるものです。

繊維性連結には、「靭帯結合」、「縫合結合」、「釘植結合(ていしょくけつごう)」などがあります。

・靭帯結合は、腓骨(ひこつ)、脛骨(けいこつ)の腓脛間接でみられ、膠原繊維の靭帯による結合です。靭帯繊維は、少しの可動性があります。

・縫合結合は、頭蓋骨でみられ、その間隙に膠原繊維があります。縫合繊維は、不動です。

・釘植結合は、歯根が歯槽にはまる部位でみられ、その間隙を膠原繊維が埋め、不動です。