グループホームとは、どんな施設で、入所のメリットは何か

グループホームとは

グループホームとは、要支援2以上の認知症の高齢者が、介護職員のサポートを受けながら共同生活する施設です。

正式名称を「認知症対応型共同生活介護」といいます。

利用者

グループホームは、市区町村の住民が利用できます。

いわゆる地域密着型サービスです。

メリット

グループホームのメリットは、少人数で家庭的なサービスを受けられ、認知症の患者でも、落ち着いて過ごせるところです。

ケアについては、グループホームに入所したときに、ケアマネージャーがケアプランを作ってくれます。

キッチンでの食事作りなど、共有スペースでの作業を通じて、認知症のケアにもつながります。

見守り体制については、3人のお年寄りに1人の介護者がつくので安心です。さらに、夜勤者もいるので、24時間体制で、職員が見守ってくれます。