サ高住のメリットは何か?

サ高住とは、サービス付き高齢者住宅のことです。

介護施設ではなく、施設としては『賃貸住宅』に分類されています。

要介護認定や要支援認定を受けている人、あるいは60歳以上の高齢者が入居できます。

ほかの賃貸物件と比べたときの、サ高住ならではのメリットがありますので、以下に紹介します。

サービス付き

名前の通り、サービスが付いている点が特徴です。

どのサ高住にもある「基本サービス」と、サ高住ごとの「オプションサービス」があります。

基本サービス

日中は、介護の専門家が建物にいて、安否確認サービスや生活相談サービスを提供してくれます。

オプションサービス

食事や家事代行サービスが付属している物件もあれば、デイサービスやヘルパーステーションが併設されている物件もあります。

地域を選べる

お年寄りは、施設に入るとき、なるべく住み慣れた地域が良いと思うものです。

サ高住は、施設とは違い賃貸住宅ですので、場所を比較的自由に選べる点がメリットです。

バリアフリー

サ高住は、どの施設もバリアフリー構造になっています。

段差がなかったり、手すりが設置されていたりします。

玄関や廊下は幅が広く、トイレに車椅子で入れる場合もあります。

居住スペースが広め

サ高住の居住スペースは、25平方メートル以上となっており、比較的、広めの部屋となっています。

入院しても安心

入院することになって部屋を空ける期間が長期になっても、オーナーから一方的に解約できない仕組みになっています。

したがって、健康とは言えない状態の高齢者でも、安心して入居することができます。