家の電動ベッドや車椅子で食事を介助して良いか?

前かがみが良い

介護中の食事でよくあるのが、電動ベッドを起こしたまま食べたり、車椅子で食べたりするケースです。

しかし、背もたれにもたれかかった姿勢のまま食べるのは、顔が上向きになりやすくなります。

そうすると、誤嚥の原因になったり、筋肉の衰えに繋がったりします。

特に、誤嚥して『肺炎』になることを防ぐのは重要ですので、そのためには、前かがみの姿勢で食べられるようにするのがベストです。
正しい食中姿勢は?

食事がしやすい前かがみの姿勢をとるには、イスに座って、テーブルにつくことが大切です。特に、つぎの3点が重要です。

テーブルの高さはおへそのあたり

お年寄りは小柄ですので、ふつうのテーブルは高すぎます。

そこで、椅子に座ったときに、おへそのあたりにくるテーブルを選びましょう。

椅子に背もたれがある

安定した姿勢を保つため、椅子には背もたれがあるものを選びましょう。

肘掛けがあると、バランスを取りやすくなります。

かかとが床につく

椅子に安定して座るには、かかとが床につくことが大切です。

電動ベッドでサイドテーブルは?

テーブルとイスで食べるのが難しい事情があり、ベッドで食べたいときもあると思います。

そんなときは、ベッドの横に足を出して、サイドテーブルを使って食べるのが良いでしょう。

前かがみの姿勢になれるため、望ましい姿勢に近づけることができます。