重質洗剤と軽質洗剤との違いとは?

重質洗剤

重質洗剤は、たとえば木綿やポリエステルなどの耐久性のある素材でつくられた衣料であって汚れのひどいものを洗浄するのに適した洗剤です。

軽質洗剤

これに対し、軽質洗剤は、たとえば毛や絹などの耐久性の低い素材でつくられた衣料であって、汚れの少ないものを洗浄するのに適した洗浄のことをいいます。

なお、JIS K 3371では、1類、2類、3類の洗剤を分類しており、1類と2類が重質洗剤です。そして、3類が軽質洗剤です。