A群β溶血性連鎖球菌とは

A群β溶血性連鎖球菌

A群β溶血性連鎖球菌は、Streptococcus pyogenesを代表とするグラム陽性の連鎖球菌です。

A群β溶血性連鎖球菌は、Group A β-hemolytic streptococcus (略してGABHS)とも呼ばれます。

病態

GABHSは主に咽頭扁桃炎を引き起こします。

突然の発熱、咽頭痛で受診することが多いです。

診断

臨床所見のみからでも診断は可能ですが、現在は迅速診断が可能です。
鼻汁、咳、結膜炎などの症状は、GABHSによるものではないため、注意を要し、ウイルス感染についても考慮すべきです。

治療

抗菌薬の使用により1日で解熱する疾患です。

抗菌薬は、ペニシリン系よりもセフェム系の薬の方が、治療成績が高いと言われています。

咽頭扁桃炎の原因

参考に、咽頭扁桃炎の原因となる原因微生物を列挙します。

ライノウイルス

コロナウイルス

アデノウイルス

エンテロウイルス

単純ヘルペスウイルス

パラインフルエンザウイルス

インフルエンザウイルス

EBウイルス

サイトメガロウイルス

A群β溶血性連鎖球菌

C群β溶血性連鎖球菌

F群β溶血性連鎖球菌

G群β溶血性連鎖球菌

溶血性アルカノバクテリア

エルシニア

黄色ブドウ球菌

インフルエンザ菌

淋菌

ジフテリア菌

コリネバクテリウム・ウルセランス

クラミドフィラ・ニューモニエ(クラミジア)

マイコプラズマ・ニューモニエ